私の住まいにおける地震対策

私の住まいにおける地震対策
私の住まいにおける地震対策

住まいの地震対策はできていますか

東北大震災は、住まいの地震対策についてもう一度見直す必要性を問いかけています。地震では躯体の頑丈さも大事ですが、被害の多くが家具の転倒によって出ていることから、部屋の中をどうするかも大事になってきます。我が家でも、家をつくる際にこの点を意識しました。まず、家具はできるだけ据え付けの物にする。キッチンの食器棚はすべて作り付けにし、扉は揺れを感知すると自動でロックがかかるものを選びました(最近の棚は安全ロックが付いているものが多いようですね)。倒れやすい家具は寝室には置かない。冷蔵庫など背の高い家電や家具には転倒防止のコードをつけられるよう、置く場所の壁に下地を入れました。(石膏ボードの壁では、普通の釘では簡単に抜けてしまいます。)そして停電時に点灯するLEDライトを階段につけています。ちょっとしたことですが、これでずいぶん安心感があります。住み始めてから、実際に家具を固定したり、転倒防止のシートを敷いたりしました。ガラスには飛散防止用のシートを貼りました。少しの手間ですが、一度対策をしておけば安心ですよね。

あとは非常用の持ち出し袋や水・食糧の準備ですが、こちらはあまりできていません。一戸建ての家で収納はそこそこあるはずなので、一家が3日間持ちこたえられるだけの備蓄をしないといけませんね。地震大国である日本に住んでいる以上、いつか地震はやってきます。その時にどこにいるかは分かりませんが、せめて自分の家であれば安心だという準備をしておきたいものです。

RECOMMEND

Copyright (C)2019私の住まいにおける地震対策.All rights reserved.