私の住まいにおける地震対策

私の住まいにおける地震対策
私の住まいにおける地震対策

住まいの安全を守るための地震対策

東北の大震災も有り、最近地震が多い気がします。私も自分の住まいの安全対策をしています。テーブルなど家具の下には滑り止めを付け、食器棚など倒れてくると危険な物は突っ張り棒で転倒防止しています。その他は、避難用具の準備です。トイレットペーパー、簡易トイレ、絆創膏、消毒薬、懐中電灯、着替え、タオル、生理用品等簡単な物です。食料や水も用意しなくてはならないのですが、なかなか準備に至らずにいます。他にはスリッパやラジオ等、用意し出したら色々必要だと思います。

阪神淡路大震災の時も影響され、かなりの方が地震対策をされたと思いますが、震災から時間が経つにつれて危機感が薄れてきてしまいます。今回の東北の震災で津波の危険が重要視されるようになり、私も津波対策しようと思い、釣り用のボートと救命胴衣を用意しようかと思ったのですが、パソコンで検索していると、津波は時速何十キロという猛スピードで押し寄せてくるので、ボートや救命胴衣は全く役に立たないようでした。それよりも、避難所を確認し、そこにいち早く行けるルートを調べておいたほうが良いとの事。私の自宅は海は近くないのですが、川が近いので、河川の増水が心配です。昨年、物凄い集中豪雨が降った時は家の前の道路が川になるほどの水で溢れました。こんな経験は初めてで焦ったのですが、こんな時の為にも常日頃から対策をしておかなければならないと思います。住まいの安全を守れるのは私達そこに住んでいる人自身です。

RECOMMEND

Copyright (C)2019私の住まいにおける地震対策.All rights reserved.