私の住まいにおける地震対策

私の住まいにおける地震対策
私の住まいにおける地震対策

住まいに対する地震対策について

地震の活動時期に入ったと言われる最近では、どの地域でも住まいに対して地震対策というのは非常に関心が高いことだと思います。私が住んでいる地域でもいつかは大きな地震が来ると言われているのでここ何年かはとくに関心が高いように感じます。私自信も、住まいに対しては何らかの地震対策をしなければいけないと常々思います。

とりわけ、住まいの建物に対してというよりは内側の家具の固定や窓割れ防止、食器棚の開閉に対しての対策であれば簡単に、そしてすぐにでも出来ますので、まずはそのような手がつけられやすい部分から地震対策をしました。重く大きなタンスに対しては、転倒しないように、とくに寝室にかんしては自分達の寝ている場所からは離して設置するように心がけました。また、台所の食器棚に関しては、扉が開いて中の食器が飛び出さないように扉に開閉防止ロックをつけました。食器が飛び出して割れてしまってはそこを歩くことは出来ず非常に危険ですからね。

たったこれだけのことでも、何もしていないのとはだいぶ違います。地震対策としてのポイントは、まずは命を守ることです。最近ではその為の設備をテレビでも色々と見かけるようになっています。とても関心があったのは、「耐震シェルター」です。これは住まい全体を耐震にするのではなく、住まいのどこか一室に耐震シェルターを設置して、そこを寝室や住まいの中核にするということです。家の中の避難場所というわけですね。この方法であれば、耐震工事をするよりも費用は低額ですみますし、命も守ることが出来ます。特に高齢世帯にはこの方法は良いなと思いました。地震は防ぐことは出来ませんが、住まいに対することであれば自分達で行うことが出来ます。そういう対策をして上手に自然と付き合っていきましょう。

Copyright (C)2019私の住まいにおける地震対策.All rights reserved.