私の住まいにおける地震対策

私の住まいにおける地震対策
私の住まいにおける地震対策

住まいにおいての地震対策は屋根と地盤が大事です。

私は神戸に住んでいます。阪神淡路大震災を経験しました。幸い、私の家は六甲山の麓にあり、地面が山の上にあったので揺れば小さく、家は壊れずに済みました。しかし、その時、地震に弱い家がどんな家かわかりました。地震に弱い家は、瓦屋根の古いタイプの建て方をした家なのです。なぜ、瓦屋根の家が地震に弱いかと言うと、屋根が重たくなるからなのです。屋根が重たいと、揺れが増幅するのです。揺れが増幅する結果、家全体が倒壊してしまうのです。だから、住まいにおける地震対策について考えるとき、まずは、屋根を軽くすることが大事だと思います。瓦屋根にはしない方がいいと思います。実際、阪神淡路大震災以後、神戸では明らかに瓦屋根の家は減りました。

それともう1つ気をつけなければならないことは、家の地盤です。平野部の土が積もって出来たような部分に建つ家は地震に弱いのです。地盤が沈下して、その上に建つ家が傾いたり倒壊してしまうのです。では、どのようなところの上に建つ家が強いかと言うと、山の麓の岩盤の上に建つ家が地震では潰れにくいのです。この場合、下が岩盤なので、地面がゆがんだり沈下したりしにくいのです。その結果、家は潰れないことになります。実際、阪神淡路大震災の時、一番被害の大きかった神戸の中心地においても、六甲山の麓に建っている家は、倒壊しなかったのです。いかに地盤が大切かと言う事を考えさせられました。多くの人が住みたがるのは、平野部ですが、この部分は地震に弱いことを十分知っておく必要があると思います。

Copyright (C)2019私の住まいにおける地震対策.All rights reserved.